ネクタイの大剣幅とサイズ、2024流行りの太さは?


みなさんはネクタイを選ぶとき、どの様に選びますか?
ブランドで選んだり、色や柄、素材で選んだり、価格もとても重要ですね。

しかし、この選び方で本当に大丈夫でしょうか…!?

実はネクタイにはいくつかのサイズがあり、そのサイズによって見た目の印象が大きく変わります。

ネクタイのサイズで印象が変わるわけない!!と思っていませんか?

ネクタイのサイズ、実はネクタイ選びのうえでとても重要なポイントなのです。

サイズの違いを知れば、そのネクタイがどの様なシーンに適しているのかが分かり、ネクタイのサイズからあなたが与える印象まで変えることができます。

この記事を読んで、あなたもネクタイマスターになりましょう。

普通のネクタイ幅のサイズは?

最も一般的なネクタイを「レギュラータイ」と呼ばれ、幅は7.0㎝から8.5㎝のものを指します。レギュラータイはビジネスシーンに最適です。

2024年に流行っているネクタイの太さは?

近年のビジネスファッションはクラシックの回帰とも呼ばれ、スタイリッシュなスリムなビジネススーツから正統派でエレガントなクラシックなスタイルが2017年辺りから注目され始め、特に2024年~2025秋冬のコレクションでは、トム・ブラウンやマーク・ジェイコブス、コーチ、トミー・フィルフィガー、トリー・バーチなどのブランドがアメリカン・クラシックに回帰していました。

このクラシックスタイルには欠かせない貫禄を出すラペル幅、ネクタイ幅は太めの9.0センチ。9.0センチというと今までビジネスシーンでは若干太めではありましたが、この“若干太め”という部分がビジネスにも対応できる範囲となっているのでしょう。

ネクタイ幅の種類

下の写真のように、ネクタイを締めた時に正面にくる一番幅の広い部分を「大剣」といいます。ネクタイ幅のサイズで基準となるのがこの “大剣幅” です。

ネクタイの大剣幅は0.5㎝刻みで規格されており、5.0㎝から9.0㎝を超えるものまで様々ですが、大剣幅は大きく分けて3種類あります。

ネクタイの付け方 幅

ナロータイ

5.0㎝から6.0㎝ほどの細めのネクタイをナロータイといいます。レギュラータイに比べ、剣幅サイズの細いナロータイはカジュアル寄りの印象となります。背が高い、体の線が細い、小柄体型、または10〜20代の若い層に似合うネクタイでもあります。

レギュラータイ

一般的なネクタイサイズで、7.0㎝から8.0㎝ほどの剣幅サイズのネクタイを指します。ビジネススーツのネクタイ幅はレギュラータイが良いでしょう。

ワイドタイ

9.0㎝から10㎝ほどの幅があるネクタイをワイドタイといいます。レギュラータイに比べ、剣幅サイズの太いワイドタイはカジュアル寄りの印象となります。

※細かい数値は正式には決まっていないため、数値は目安となります。

ネクタイ幅の選び方

ネクタイ幅は何を基準にどうやって選べば良いのか?
実はスーツのラペル幅(襟幅)と合わせると全体のバランスが取れてとても綺麗にコーディネートできます。

ラペル幅と全く同じサイズのネクタイを探すのは難しいので、前後0.5㎝くらいを目安に考えればOKです。

ネクタイの付け方 幅

ネクタイの長さの選び方

ネクタイ全体の長さにもそれぞれ違いがあります。ネクタイによって、「このネクタイは締めやすいな。」と思ったり、「仕上がりが綺麗だな。」と思ったりすることはありませんか?

締めやすいと感じたり締めにくいと感じたりする要因の1つとして、実はネクタイの長さの違いが関係してくる場合があります。

ネクタイの長さは一般的に140㎝程度ですが、海外製品などは150㎝以上あるものも多く、現在はブランドによって長さはさまざまです。

ネクタイを締めた時に、ネクタイがベルトのバックルの半分を隠すくらいの位置が最もバランスの良い位置とされています。

ネクタイの付け方 長さ

上の写真は、左がネクタイを締めた状態で最もバランスの良いネクタイの長さです。真ん中は少し長め、右は短めのネクタイです。

比べてみると良く分かりますが、長めのネクタイは間延びしていてだらしない印象を与えてしまいます。また短いネクタイも、どこか抜けた印象がありどちらもビジネスシーンにおいてマイナスなイメージを与えてしまいます。

ネクタイの仕上がり位置は、一人ひとりの首の長さや身長、またネクタイの結び方によって変わってきます。理想は、自分に一番合う長さを把握することですが、おおよそのサイズは身長によって選ぶことができます。

身長別ネクタイの最適な長さ

身長165㎝
ネクタイの長さ:140~145㎝

身長170㎝
ネクタイの長さ:155㎝

身長175㎝
ネクタイの長さ:155~160㎝

身長180㎝
ネクタイの長さ:160㎝以上
日本で販売されているネクタイは短いものが多いので、高身長用のネクタイや海外製のネクタイがオススメ。

体型ががっちりしている方や首回りが太めの方は、上記の長さを目安としてもう少し長めのネクタイを選ぶと仕上がりが美しくなります。

URBAN PRESS

最先端のファッションメディア